読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かがみデザイン

KEEPWALKING 四十男が中小企業診断士やミニマリストを目指したっていいじゃない!

【断捨離月間百個捨て作戦】あまり使っていないDVDデッキのリモコン【ミニマリスト化への道No.027】

四十男がミニマリストを目指したっていいじゃない 百捨 ライフハック!

ほとんど使ってない・・・だと?

 
ハードウェアヲタクというものは見たら見たままに欲しいって衝撃が走ってしまい、ついつい余計なものを買ってしまうという習性があるものだと個人的には思っている。
今回はそんな無駄な買い物をしたなれの果て、というお話だ。ちょっと前のこと、私はHARDOFFのジャンクコーナーから激安で打ち捨てられた東芝製のDVDレコーダーを発掘した。値段は確か4,000円だったと記憶している。凄く簡単に説明すると、これとパソコンをコンバーター(映像と音をリンクさせてデータ変換する機械、とでも認識しておいてください)で繋げばアレコレと楽しいことができるなーと、そういう目的で購入することになった。
 
思っていた通りに接続すると確かに動くことは動いたが、より完璧に連動させるためにはさらにもう1つ機械を介入させる必要性が出てきた。本当にハードウェアヲタクならばここまで突っ込んでいくところだろう。私もそうしたくはあった。
 

働いていると趣味ばかりってわけにはいかないんだよね

 
ところが、私の野心はそこで止まってしまった。止まってしまった理由はいくつかある。
 
1・追加で導入したい機械がそこそこ高価だった。
 
その頃非正規雇用の境遇に甘んじていた私にとってHARDOFFのジャンクコーナーからDVDレコーダーをあさってくるのもやっとなのに更に追銭をする余力は無かった。追加の機械を導入しないことにはシステムの構築は進まない。ここで壮大な計画はとん挫してしまう。ちなみに、計画が全て実行されれば映像のアナログーデジタル変換は基本的には完全にできる状態になるはずだったが・・・今振り返ってみるとそんなもん本当に必要なものならば業者に頼めばいいやん♪ って話だよな。
 
2・仕事は超絶ブラック企業で肉体的・精神的に余力は無かった
 
いくら趣味とはいえ、あれこれと配線をして動作確認をしてというのは結構な重作業で、それを不定休の1日にやろうという気持ちにはなかなかなれなかった。この時には既に結婚をしていたので家庭としての状況もありつつなので、終日好き勝手に趣味にいそしむというわけにもいかなかった。あと、この頃からはかなり真剣に転職を考えて行動したりもしていたので何となく気持ちがそっちに持っていかれてたというのもある。
 
3・色々な配線がスパゲティ状にぐちゃぐちゃするのに疲れた
 
だったら買うなよって話ではあるんだけど、だんだん色々な配線がはいずりまわるのが嫌になってもきてる頃で、システムを作り上げるまでは配線がそのまんまだったりしててそれが面倒で、惰性でもういいかなーってなったりしてた。
 
働く、生活をするってことに真剣じゃなければ、この程度の趣味はどうとでもなるのだろう。しかし、私自身にはそこまでエネルギーを割ける程の余力が体力・気力・財力の各方面で足りていなかったのだ。
 

さて、このDVDレコーダーだが

f:id:kagamidesign:20161129234907j:plain

 
そんなわけで、せっかく4,000円を出して購入したDVDレコーダーは大して活用されるでもなく、お蔵入りとなった。どういうわけかコイツのリモコンだけが今の住まいについてきてたのだ。もちろん、このリモコンが不用品であることは言うまでもない。捨てることにした。
 
それにしても、私の場合はこういう無駄な支出をして大して活用しないモノが増えて、なげなしの金が減るということを長年繰り返してきたんだなぁということを改めて確認することになったわけだ。決して気持ちのいいものじゃないけれど「こういう数千円の積み重ねがあれば今頃はまた違った家計だったりするんじゃないか」っていうのはやっぱり思っちゃうわけで、この辛さを忘れないように今後の生活に反映させていかなければならない。
 
そういう気付きとこれからへの影響が断捨離に取り組んでミニマリストを目指すことの究極の目的じゃないかと感じている。
 
(1572文字)