読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かがみデザイン

KEEPWALKING 四十男が中小企業診断士やミニマリストを目指したっていいじゃない!

【断捨離月間百個捨て作戦】絵本のカバー【ミニマリスト化への道No.030】

四十男がミニマリストを目指したっていいじゃない 百捨 ライフハック!

絵本のカバーって必要ですか?

f:id:kagamidesign:20161203000131j:plain

 
息子に絵本を読み聞かせするってことに関しては最初から結構意識して取り組んできた。何しろついこないだまで、我が家には意図的にテレビを置いていなかった位だ。絵本の数自体はそれほど多くはないが、それでも10冊以上の絵本が息子のために準備されていてそれに応じた数だけ、絵本にカバーがかけられていた。
 
ところが、幼児はカバーをかけたまま絵本を読むってことはしない。ぽいってとってから読むし、カバーどころか、本の中頁はところどころ千切れたり破れたりもする。私は割と早い段階から絵本カバーは不要であると思っていたが、妻が捨てたがらなかったので一旦まとめてとっておいたのだ。
 

結局2年間、カバーがないと困る場面なんて1度もなかった

 
10月に息子は2歳になった。息子が産まれてからの2年間のうちで絵本の数はだいぶ増えたし最近では自分で本を取りにいって広げて読んだりもする。言葉も単語を真似したり、覚えている擬音は発声したりもする。実に順調に育っていると思う。息子はこれからもたくさん絵本を読んでいくのだろう。
 
ところで、絵本カバーが無くて息子が泣いて困ったとか1度でもあっただろうか?
そんなこと1回も無かった。つまり、絵本カバーは不要なのである。これは妻に言うとまた捨てるなとかなんとかなりそうだったので、私の独断で捨てた。
 
実際、必要ないんだもの。なんか言われたら押し通す!
 
(587文字)