読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かがみデザイン

KEEPWALKING 四十男が中小企業診断士やミニマリストを目指したっていいじゃない!

【断捨離月間百個捨て作戦】古いHDD(2.5inch/ATAPI/IDE)たくさん【ミニマリスト化への道No.033】

四十男がミニマリストを目指したっていいじゃない 百捨 ライフハック!

お金は貯まらなかったが、HDDは自然と貯まっていくものだった

Windows2000やXPの頃のことなので大昔の話になるだろう。この頃、重度のパソヲタで、仕事でもPCをメンテナンスする事が多かった。公私に渡って色々なPCパーツの交換をする機会が多かった。
 
それがいいか悪いかはともかく、私の若い頃っていうのはそういうもんだった。そういう20代を過ごした、とでも言おうか。
 
今ならば…もうちょっと色気のある20代がよかったなぁーとか思ったりもするけど当時はそんなことあまり考えなかった。友人知人としてそれなりには女性とも関わりはあったからか全然焦りもなかった。
 
そういう状況下だったのでPCパーツというのは私にとっては長い間、絶えず私の身辺で循環するものであった。その中でもノートPC用の2.5インチHDDというのは使いどころがノートPCに限定されるからか割と特殊なものだったようで、私の手元には随分と長い間この薄っぺらいHDDが何枚もストックされてきた。
 

気が付けばこの規格のHDDを使う場面が無くなっていた

私がメインで使っているPCは10年程前には既にシリアルATA(SATA)に変わっていたし
3年半前からはメインPCが今使用しているノートPCになって、コイツの中にはSSD(SATA)が入っている。
 
古いPCはどれもこれも今回のミニマリスト化計画の遂行で絶滅する。つまり、画像にあるような古いパラレルATA(PATA)規格の2.5inchサイズHDDを使う場面なんていうのは
無くなってしまったのである。重度のパソヲタだった私が使う場面が無いというのだから世間一般的にはとうの昔に死滅しているのだろう。
 

使っていないのだから、捨てていいんだよ

f:id:kagamidesign:20161223201436j:plain

 

実は使えるか使えないかでいえば、稼働するから使えはする。でも数年は使っていないであろう品物は使う必要が無いから使っていないわけで「ということは捨てていいんだよ」って最適解にたどり着く。なんて禅問答風味に言ったけど、この論法は断捨離においてはかなり重要な発想だと思うので改めて書いておいた。
 
みんな、もっと捨てよう。身軽になるのだ。Be Free!
 

多分、まだまだこういう種類の捨てるものがたくさんある

 
今、仕事で使っているUSBメモリが16GBを2本なんだけど容量がそこそこ不足気味なのとただでさえ失くしそうでひやひやしているUSBメモリが2本もあるって状況等には正直フラストレーションを感じてて、この現状を変えるために64GBか128GBあたりのUSBメモリを買おうと思っている。
 
ちなみに、今回捨てるPATAのHDDは40~60GBくらいの容量。しかも旧規格。今やろうとしていることと比較しても、どこからどう見ても捨ててしまっていいシロモノだよね。
 
こんな具合に、手持ちのアイテムをしっかり見直していたらアラ?いらないんじゃない?ってのはもっと出てくると思う。ガンガン捨てていきたいと思ってる。
 
(1209文字)