読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かがみデザイン

KEEPWALKING 四十男が中小企業診断士やミニマリストを目指したっていいじゃない!

Facebookを今更使うかどうかに悩んでいる心のうちを明かす

日記

Facebookを使うかどうか、ずっと迷い中です。

 
うん、迷っています。
昔々、mixiをそれなりに使っていて、人並みにSNS疲れ的なことも体験してきて、それ以来何となくSNSは面倒くて敬遠してきた。一時期仲が良くとも、月日が流れるごとに、徐々に考え方にズレが生じてきて(もともとズレてたんだろうなとも言えるが)、うまくいかなくなる・・・
 
そんな相手ともオンライン上では一応、SNSというゆるい繋がりはしていなければならず、そこに「いいね」とか「足あと」とか「コメント」書くって拘束をされるし、それにカウンターで「足あと」つけないで相手の記事見たり(多分同様に見られたり)、気づかれないように「ブロック」したり(多分同様にry)、SNSをしているばかりに作業量と気をつけなきゃいけないポイントが増えていく。自分も知らず知らず、自分自身に対するレスポンスを気にしていたりもする。
 
人との関わりは基本的には大変なことなのだから、SNSという四六時中関われる仕組みなんて、どう考えたって面倒になってしまうのだろうなと自分の中では一旦考えを完結させた。「もうこんなもんやらなければいい、それで苦しみから逃れられる」そんな感じでmixiでの行動を止めた。
 
これが理由で、LINEのタイムラインとか全く使う気がしないでいる。とても便利なだけに連絡手段として特化させたままにしておきたい。連絡手段に感情とかいらない。
 
もっとも、自分自身の考え方や出来事、感情の記録をとっていくために何らかの場が必要であることに気が付き、Amebaでブログを数年間書いてきた。はてなでのブログ執筆は、その延長線上にある。
 
しかし、今の仕事でのことを考えると、Facebookも有りかもしれないな~と思う面もでてきた。

 

今の仕事って、結構人と逢うんですわ

 
人によって、自分が知っている情報だけが全てではないことはもちろんのことで、知ってる人の普段知らなかったところが知れる。話が膨らむし、色々な面で勉強にもなる。情報収集ってやっぱり大事なので自分以外の人(特に仕事界隈の関わりの人)のアンテナは有効な情報源になっているんだなーというのが、仮で作った偽名のアカウントで調査した結果の感想だ。
 
絶対に正しいとは言わないけれど、情報量が多いということは、今の時代で生きていくには正解の一つだと思っているしね。
 
でも裏を返せば、自分が知られていないところが知られてしまう。どうでもいい情報ならばいいけれど、あんまり知られたくない情報まで知られるのはどうなのかな。音楽や美術の好みとか、多分知られてしまうことになるはずだし、自分がめっちゃウェットな女々しい奴だというのも判る人には判ってしまうだろう。
 
それと自分の場合、結構何でもかんでも遠慮なく書いちゃう傾向があって。mixiの時にはネガティブな記事もよく書いてしまっていた。偽名アカウントでの偵察の中でも、そういう記事を書いちゃってる人もチラホラ見てきた。
 

面倒をしょいこむかor面倒にならない程度にツールとして活用するか

 
うじうじ考えてる暇あるならさっさと使えよ、ってのが多分正解なんだろうけどね。
そんなに情報を重要視してるなら割り切って、ツールにすりゃいいやん、、、って。
 
でも、リアルでも関わりがある人達のネットワークの中に入っていくって意味だから
多少は自分の過ごしている風景もチラ見せしたほうがいいんだろうなー、そのバランスはどうしようかとか、同じところループしている・・・。
 
まだ、もうしばらく迷います。
 
(1453字)